女性が喜ぶ言葉とは?褒めても喜ばれない理由と適切な褒め方を解説
男性男性

職場に好きな人がいるんです。

ヘラリオンヘラリオン

ほほう、それで?

男性男性

どうにかして口説けないかと思って、女性が喜ぶ言葉を調べて、いつも褒めてたんだけど…

ヘラリオンヘラリオン

だけど?

男性男性

褒めても褒めても上手くいかないというか、逆にナメられてる気がして…

ヘラリオンヘラリオン

ふむふむ、褒めることで気を引こうとしたが、逆効果になってる気がする、というわけだね?

男性男性

はい…

ヘラリオンヘラリオン

それは恐らく、相手の女性が君の気に入られたいという下心を感じてしまって、好感度が下がってしまったからじゃないかな?

男性男性

…………(汗)

ヘラリオンヘラリオン

では、なぜそうなってしまったのか、順を追って説明してくね!

女性が喜ぶ言葉を言っても付き合えない?

今までどこかでこの格言(?)を聞いたことありませんか?

『女性を褒めれば付き合える』とか『落としたければまずは褒めろ』みないな。

ハッキリ言ってこれは嘘です!

ヘラリオンヘラリオン

褒めるだけで付き合えるなら、昨今の少子化問題など解決してるわ!

この、どこかで聞いたことのある格言(?)の通り、気になる女性を褒めて褒めて、結果として撃沈した人も多いのではないでしょうか?

ではなぜこのような格言(?)が広まっているのでしょうか?

それは…褒めるというコミュニケーションは女性の気を引く手段として非常に良い手だからです。

男性男性

え…よくわからないよ…矛盾してない?

では、女性は褒められた時、何をどう感じるのか、そこから考えていきましょう。

ダサい男から褒められてもウザいだけ

大前提としてこれがあります。

ダサい男=下に見られている男=興味のない男

こう思われている男性が、いくら気を引こうと魔法の言葉をかけたところで、女性に響くことはありません。

そう感じたことありませんか?

自分が全く興味のない、ダサくて不細工な女性から、

「髪型かっこいいですね」

と言われても、めちゃくちゃ嬉しい、なんて気持ちにはなりませんよね?

せいぜいが「お、ラッキーラッキー!」くらいではないでしょうか?

心に響くことはありません。

逆に、誰もが振り返るくらい美人な女性から同じことを言われたら、それはもう舞い上がってしまうくらい、めちゃくちゃ嬉しくないですか?

そういうことなのです。

同じ言葉でも、自分が相手にどう思われているかで、受け取り方が違ってくるものなのです。

なので、もし相手にダサいと思われている人や、自分がダサいと自覚のある人は、外見から変えていきましょう!

「いじる」コミュニケーション

多くの男性は、美人や自分が好意を寄せている女性に対しては、嫌われたくないという防衛本能が働いてしまい、その女性をいじったり出来ないのではないでしょうか?

それどころか、その女性を神のように崇め、ご機嫌を取りにいってないでしょうか?

男性男性

何も言えねえ…(涙)

そして、誰の目から見てもヤリ〇ンと思えるような男に簡単に持っていかれた経験、ありませんか?

『自分はこんなに真面目に愛してるのに、あんな男のどこがいいんだ…』

そんな思いしたことありませんか?

それらの男達と何が違うのか?

男性男性

彼らがイケメンだから?

ヘラリオンヘラリオン

いいえ、違います。

ヘラリオンヘラリオン

じゃあ質問。ホストはなぜ女性からモテているのでしょうか?

男性男性

(イケメンだから、じゃあないんだなきっと。だったら…)
会話が上手だから…?

ヘラリオンヘラリオン

う~ん…50点!
じゃあその『会話が上手い』とは?

男性男性

(女性が喜ぶ言葉を使ってるから、と思ってしまったけど、違うんだろうなきっと…)
女性を喜ばせている…から?

ヘラリオンヘラリオン

惜しい!80点!喜ばせてるというか
『女性の感情に触れる会話』をしているからなんだよ。

その、感情に触れる会話、として有効なのが『いじる』というコミュニケーションなのです。

ヘラリオンヘラリオン

実体験の例を挙げましょう

私の職場に、とても可愛い女性が入ってきました。

その子は入って3日で、急性胃腸炎だか何かで1週間ほど休みました。

そして1週間後、通勤してきた彼女は、職員一人一人に、

女性女性

長々とお休み頂いて、ご迷惑おかけしました。

と謝罪していました。みんなは口を揃えて、

男性男性

大丈夫だよ~!これからまた頑張ろうね!

と、ある種ありきたりな、予定調和な返答をしていました。

そして私のところに謝罪に来た時、私はこう言いました。

ヘラリオンヘラリオン

ほんとだよ!
超おぉ~~迷惑だったよ?(笑)
もう二度と会う事はないなって思ってたけどね!(笑)

その3か月後、私はその子と白昼堂々、ホテルに行ってました。

その女性が後日、

女性女性

ヘラリオンさんだけが、あんな返しをしてきたから、なんか気になっちゃって…

と教えてくれました。

私があの時、みんなと同じ平凡な返答をしていたら、こんな関係にはなっていなかったかもしれません。

その平凡な返しが悪いわけではありません。

むしろ、社会人として当然の、良質な返しでしょう。

私の返しの方が、一般的に見れば非常識でしょう。

ですが、彼女の感情を刺激したのは言うまでもありません。

他の人がやらない事だからこそ意味があるのです。

女性は、全員とは言いませんが、本質的にはMです。

いじるというコミュニケーションは、めちゃめちゃ有効なのです。

ですが、注意点もあります。

これも、上記の『ダサい男から褒められてもウザいだけ』と同様、女性に下に見られていたら逆効果になります。

なので、順序としては、同等かそれ以上に、ナメられていない状況が出来てから、いじるコミュニケーションを使いましょう。

自分が価値を感じる男から褒められて初めて嬉しい

例えば職場で、自分よりも仕事が出来ない人に

「頑張ってますね、偉いと思います」

なんて言われると

「は?おまえ何様だよ?偉そうに…」

となりますよね。

逆に、自分の尊敬する先輩や上司から同じことを言われると、

「あ…あの人が褒めてくれたなんて、嬉しい!!」

と思いますよね。

自分が価値を感じている相手から言われるからこそ、嬉しいという感情になるのです。

それと同じで、女性は自分が価値を感じている男性から褒められて初めて、嬉しいと感じるのです。

ネット等で調べて出てくる
【女性が喜ぶ言葉〇選】などは
この大前提をクリアして初めて
『喜ぶ言葉』になるのです。

誰もが喜ばせられる言葉、ではないのです。

褒める、は有効な手段であるのは間違いありません。

が、まずは褒める前に、相手にとっての自分はどういった立ち位置なのか、を考えてみましょう。

女性から価値のある男性と思われる人になる参考記事

モテる男独特の雰囲気とは?雰囲気イケメンになる10の方法

女性を喜ばせるコツは褒めるポイントとタイミング

自分が好意を寄せている女性に対しては、ついつい褒めてしまいたくなります。

自分が良く思われたいから。

ですが、やみくもに褒めても逆効果です。

やり方を間違えると、逆に好感度が下がってしまいます。

女性女性

こいつ、私の気を引こうとしてるな…?

かといって褒めるというコミュニケーション全てが悪手、という訳ではありません。

むしろ、好感度を上げる手段としては良手、となります。

全ては使い方次第なのです。

自分が好意を寄せてしまうと、どうしても自分の欲が入ってしまい、冷静な判断が出来なくなってしまいます。

ここでは、良手となる褒め方のポイントとタイミングについてお話していこうと思います。

美人は外見を褒められ慣れている

美人というのは、外見を褒められ慣れています。

・男性と知り合うたびに「可愛いね」と言われる

・電車に乗れば、男性がチラチラ見てきて、それに気付いてその男性を見ると慌てて視線をそらされる

・facebookやツイッター等で写真をアップしようもんなら、男性から鬼のように友達申請がくる

そんな日常を送っていたら、嫌でも自分は可愛いんだ、と気付きます。

外見を褒められるのは、美人にとって毎日のルーティーンに過ぎません。

女優やアイドルのSNSを見れば、それがよくわかるでしょう。

あなたが勇気を振り絞って「可愛いね」と褒めたところで、相手によっては1日に何回も同じことを言われてるのです。そんなものが心に響くはずはありません。

女性女性

はいはい、また言われたわ。

となって終わりです。

感情を動かすことは出来ません。

ですが、気になる人から言われたら、ドキッとするでしょう。

今まで一回も外見を褒めてなかった人、むしろブスといじってきていた相手に言われたら、ドキッとするでしょう。

なので、美人に対して外見を褒める際は、そういう関係性が築けてから行うと感情を刺激できるでしょう。

それまでは褒めない方が無難だと思われます。

その他大勢の逆をいきましょう。

外見は直球で褒めるのがGOOD

実は一番褒めるのが難しいのが外見です。

明らかに外見が良くない人の外見を褒めても、からかわれてると思われてしまいますし、
逆に明らかな美人の外見を褒めたところで、毎日のように言われていることなので、言われ慣れすぎていて、響くことはありません。

特に外見に関しては、異性が褒めた際に、一番好意を疑える箇所になってしまうので、下心と捉えられやすくもあります。

なので、外見を褒める場合は、どういう言い回しをすればいいのか、は考えずに、ストレートに直球で褒めましょう。

下手に上手い言い回しを考えれば考えるほど、良く思われようという『下心』が浮き彫りになってしまい、逆効果になってしまいます。

伝え方も重要です。オドオドしながら真顔で「可愛いね」と言っても不審がられるだけです。

おはよう、こんにちは、のような挨拶と同じような感じで、さも当たり前のように堂々と伝えましょう。

ストレートに直球で堂々と伝えることで、下心が見えなくなり、頼もしさが生まれます。

女性は頼もしい男性に惹かれます。なので、外見を褒める場合は堂々とストレートに伝えましょう!

内面を褒める言葉

美人になればなるほど、外見を褒められます。

逆に、内面を褒められる機会があまりありません。

実際に内面を褒められる機会が少なくなかったとしても、あまりに外見の褒めが多いので、少なく感じてしまうのです。

そんな中で、内面を褒めてあげると、

女性女性

外見ばかりじゃなくて、ちゃんと内面も見てくれてるんだ!

となり、感情を刺激することが出来るでしょう。

内面を褒める言葉・例

・〇〇さんがいると、職場の雰囲気明るくなるよね!

・すごく気配り上手だよね!みんなもそう言ってたよ!

・すごい綺麗好きだよね!いっつも机の周り綺麗じゃん!

・毎日お弁当作ってるんだ!尊敬するわ!

・家族思いだよね!みんな喜んでるだろうね!

行動を褒める言葉

行動で褒める場合は、自分から積極的に行動している人に対して言うのが良いでしょう。

自分から積極的に行動している人は、他人から認められたいという願望が強いケースが多いです。

その自分のしている行動で誰かに良いと思われたかったり、他人からこんな風に思われたかったり、ということを気にしてしることが多々あります。

なので、行動力がある人や、責任感がある人には、それに対して褒めると効果的でしょう。

行動を褒める言葉・例

・それやってくれるの〇〇さんだけだよ。よく気付くね!ほんとありがたいわ!

・こんなに丁寧にやってくれて、ほんと助かるよ!

・仕事早いね!俺も負けないように頑張んなきゃ!

口では「いやいや、大したことしてないよ」と言っても、心の中では嬉しく思っているハズです。

変化に気づいて褒める言葉

その女性の変化に気づいて褒める場合は、褒める内容や伝え方よりも、気づいてるよと思わせること自体が主な目的になります。

なので、誰も気づかなそうな細かい所になればなるほど有効になります。

女性女性

よく気づいたね!(こんなところまで見てくれてるんだ)

・ほん~~~のちょっとだけ髪を切った

ヘラリオンヘラリオン

あれ?ちょっとだけ髪切った?だよね!な~んか昨日と違うと思った!え?どうなのかって?前よりかは良くなったんじゃね?(笑)

・メイクをほんの少しだけ変えた

ヘラリオンヘラリオン

あれ?なんか昨日と違うな?メイクでも変えた?どうりで!あやうくプロポーズするところだったわ!(笑)

・テンションが少しだけ高い

ヘラリオンヘラリオン

なんか良いことでもあった?なんかご機嫌じゃないすか姉さん?あ、そんなことがあったんだ!もう無敵じゃないすか姉さん!(笑)

具体例がチャラいのはご愛敬で!(笑)

余談ですが、私は女性の小さな変化にアンテナを張りすぎて、いつしか好きな人とエッチした女性を気づけるようになりました(笑)

なんか可愛くなったな、と本心で思い、

ヘラリオンヘラリオン

あれ?なんか今日〇〇さん可愛くない?髪切って…ないよな。なんでだろ?こんな可愛かったっけ?

というのが続き、職場の女子達の間で、

女性女性

ヘラリオンさんって、エッチした翌日になると可愛いって言うよね。女性ホルモンが出るとそう見えるのかな?そんなん気づくとか、女子より女子力たけーんだけどあの人!(笑)

と噂になったことがあります(笑)

ヘラリオンヘラリオン

嘘みたいな本当の実話です。
ここまでいくと気持ち悪いので、ほどほどに…(笑)

これらにイジるを加えると

これらの褒めの中に『イジる』を加えると、より高い効果が期待出来ます。

例えば

・見た目キツそうだけど、すごい明るくて話しやすいよね

・テキトーそうに見えて、めっちゃ丁寧なんだね

・冷たそうに見えて、実は面倒見いいんだね

『明るくて話しやすい』とだけ言われた時と、

『見た目キツそうだけど話しやすい』と言われた時とでは、響き方が違いませんか?

前半パートで負のイメージを与えてからの、後半パートで上げているので、後半パートがより際立つのです。

女性女性

見た目キツそうってどういうこと~?(笑)

と、相手の感情も刺激できているので、褒め方としてかなり効果的と言えます。

タイミングは重要

上記の褒め方を行うにしても、いつ何時でも有効なわけではありません。

気に入られたい一心で気持ちがはやってしまうと、不自然なタイミングで褒めてしまいがちです。

不自然なタイミングで褒めてしまうと、相手も不自然に感じ『下心』と捉えられてしまいます。

あくまで自然に、流れの中で堂々と伝えましょう。

それと、ここでのタイミングというのは、関係性の構築が済んでから、という意味合いも含まれています。

女性から下に見られている段階では、まだタイミングとは言えないでしょう。

逆に女性からの好感度がMAXまで高まっていれば、どんなに不自然な流れで褒めても、心に響くことになります。

まとめ

『褒める』というコミュニケーションは、基本的に相手をポジティブにして、褒めた人と褒められた人との関係を良くするものです。

ただし、伝え方を間違えれば、逆効果になったり不信感に繋がることもあるので、注意が必要です。

そして、相手と自分の関係性に寄っては、同じ言葉でも違った捉え方になります。

女性を褒める際の注意点を順序でまとめると、

女性を褒める際の注意点

①女性から下に見られないよう外見には気を遣う

②『イジるコミュニケーション』を使い感情を刺激する

③褒められて嬉しい関係性を構築

④タイミングを見計らい、オドオドせず堂々と褒める

⑤常日頃から、褒められるところがないかアンテナを張っておく

といことになります。

いかがでしたでしょうか?

これを参考にして、褒め上手な男になり、意中の女性と親密な関係になれたら幸いです。