デートを断られた!次につながる返信と地雷とされる返信とは?
男性男性

LINEでデートに誘ったけど断られた。どのように返信すれば次回に繋がるのかわからない…

こんにちは、メンヘラ戦士ヘラリオンです。

『女性にデートの誘いを断られた』

男性なら誰しも経験したことありますよね。今回の記事では、

・女性にデートの誘いを断られた

・その後どう繋げていけばわからない

そんな時の上手な対処法について書いていきたいと思います。

脈アリ脈ナシな返信パターンや、その後の注意点が書かれてありますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

デートを断られた!挽回するための最善の返信とは?

まず、デートの誘いを一度断られたからといって、そこでチャンスが全て消えた、というわけではありません。

デートを断られた=脈ナシ

にはなりませんので、諦める必要はありません。

しかし、断られた後の立ち回りによっては、二度とデートをするのが不可能になる場合もあります。

そして、デートの誘いを断られた場合、脈アリの断られ方なのか、脈ナシの断られ方なのかでその後の対応が変わってきます。

ここでは、その脈アリの断られ方、脈ナシの断られ方、の実例をご紹介していきます。

脈アリな断られ方実例

基本的には、脈アリの度合いが高ければ高いほど、そもそも断られなくなります。

脈アリ度がMAXで、もうアナタ以外何も考えられない!というほど超絶激好きだった場合は、何があっても断りませんし、どんな予定があってもそれをキャンセルしてまで応じます。

なので、断られた場合は、その断られ方で脈アリ度が判別できます。

ここでは、脈アリ度が高い断られ方から順に説明していきます。

具体的な代案を提案してくれる

女性女性

その日はちょっと予定が入ってて無理なんだけど、今度の〇曜日はどう?その日なら空いてるよ

と、このように女性の方から別日の提案があれば、かなり脈アリ度が高いです。

その日は本当に予定が入っており、でもあなたの誘いは嬉しく、このチャンスを逃したくない!と思っていてくれているで、よほどのヘマを侵さない限り、簡単にデートまでこじつけられるでしょう。

ヘラリオンヘラリオン

本当に会いたくないのであれば、代替案なんて出さないからね。

この場合は、素直に相手の女性からの代替日にデートすればいいだけの話なので、難しいことはありません。

次回を匂わすような発言がある

・また誘って

・今度休みがかぶったら行こう

このような発言は、脈なしの相手に対してはなかなか言いづらいものです。

ヘラリオンヘラリオン

本当にまた誘われると断るのに困るし、何よりダルいからね。

代案を提示するほどのめり込んではいないけれど、次に誘われた際に予定が空いていれば誘いに乗っても良いかな?という相手に使うことが多いでしょう。

一旦デートの話が流れた後に、例えば

女性女性

じゃあそれは、今度一緒にご飯行った時についでに買おうよ!

のような、次回がある前提の発言があったりしたら、なおさら脈アリ度は高まるでしょう。

このように、次回を匂わすような発言がある場合は、日をおいて再度(最低1~2週間程度)、デートのオファーをかけてよいでしょう。

注意点は、断られたその場でしつこく『なんでダメなの?いいじゃん行こうよ!』と迫ったり、

『じゃあいつなら空いてる?』とガツガツ追い打ちをかけ意地でもアポを取ろうとしたりしないことです。

それさえしなければ、じきにアポは取れるでしょう。

断った後フォローがある

脈ナシの相手では、断った後のフォローがない場合が多いです。

女性女性

その日は親戚の叔父さんの親友の子供の友達の担任の先生のお葬式があるから無理なんだよね。

ヘラリオンヘラリオン

(赤の他人やんけ…ごめんの一言もないんかい…)

あったとしても、軽い場合が多いんですね。

女性女性

お世話になった上司の息子さんの通ってた塾の講師の人が飼ってた猫の三回忌なんだよ。ごめんね!

ヘラリオンヘラリオン

(猫って!人間ですらなくなっちゃったよ!ごめんとなんか全く思ってねえだろ…)

それは、断った後に、その人にどう思われようが構わないと思っているからです。

そのため、断った後も、気まずい雰囲気にならないように明るく会話が続くのであれば、誘いは断ったけれど、あなたに対してそれ程悪い印象は持っていない、と判断できます。

女性女性

その日は親友のYちゃんと映画行くんだよ~ごめんね!てゆうか〇〇さんってほんとにお酒好きなんだね!飲みすぎには注意してね!w

このように、断るだけではなく、その後にフォローがあった場合は、悪く思われたくないという心理の現れです。

脈アリとまではいかないにしても、脈ナシではない、といったことろでしょうか。

なので、今後の対応次第では、デートまでこぎつけられるでしょう。

この場合も、上記の『次回を匂わすような発言がある』と同様、その場ではゴリ押さず後日、自然な流れでオファーをかけても良いでしょう。

※ただし、社会の中の上下関係が絡んでいた場合は除きます。

脈ナシの断られ方実例

これらにあてはまってしまったら脈ナシの可能性が高い、という実例をご紹介します。

傍から見たら丸わかりでも、当事者は意外と気付きにくいものです。

ヘラリオンヘラリオン

脈ナシと認めたくないという心理がジャマして冷静に判断できなくなるんよね。

既読スルーor未読スルー

とてもわかりやすい実例です。

こういう事が起きた場合は、脈ナシだと断定して下さい。

ヘラリオンヘラリオン

・いや、たまたま返事するの忘れちゃってたに違いない

・なんて返事しようか考えてるんだな

・忙しくてケータイ触れる時間ないんだな

そんなことを考えるのはやめましょう!

アナタがもし、脈アリ女性からデートの誘いを受けたら、絶対に返信しますよね?

どれだけ忙しかろうと、トイレに行った時にでもケータイ確認しますよね?

せいぜいが、あまりにすぐ返信したらノリノリだと思われて恥ずかしいから、少しだけ時間空けようかな、くらいではないでしょうか?

返信を忘れるなんてことは100%あり得ません。

なので、既読スルーor未読スルーをされたら、脈ナシと断定しましょう。

こうなった場合は、追い打ちをかけてはいけません。

ヘラリオンヘラリオン

・あれ?LINE届いてる?

・こないだの誘い、返事ないけどどうなった?

などは絶対にしてはいけません!

デートの誘いなど、初めっからしてなかった、かのように、何事もなかったかのように、振る舞いましょう。

曖昧な返事で話が進まない

ヘラリオンヘラリオン

〇〇さん、今度の土曜日予定ないって言ってましたよね?こないだ俺、すごい美味しいイタリアンの店見つけたんですよ!今度の土曜日、一緒にどうですか?

女性女性

へぇ~そんないい店だったんですね!イタリアン美味しいですよね~

ヘラリオンヘラリオン

そうなんですよ!めちゃくちゃ美味しくって!また行きたいなぁ~なんて!笑

ぜひぜひ一緒に、どうですか?

女性女性

そうなんですね!!

機会があったら行きたいですね♪

このような、YESかNOか、ではない曖昧な返事がきた場合です。

ハッキリとNOと断られていないから押せば行けるんだ!と考え、しつこく誘ってしまうとドツボにはまってしまいます。

相手の女性は、断りたいのだがハッキリ断って気まずくなりたくないから濁して悟らせようとしているのです。

男性を傷つけないように、今の関係を壊したくないなどの想いから、雰囲気を壊さないように対応しているのです。

相手に引いてもらおうと言葉を代替えしているだけなのです。

まったくチャンスがないわけではありませんが、今の段階で、その「機会」を作るのはかなり難しいでしょう。

忙しい

王道の断り文句です。

この『忙しい』は

・その日は忙しいから無理

という『断る理由が忙しいから』だけではなく

・今忙しいから後で返事する

という『忙しいを理由に結論を出さない』というのもあてはまります。

あなたに好意があり、本当に忙しくて予定が合わず断っている場合は、

「ごめんね、また誘ってくれる?」「スケジュールがわかったら教えるね」

など、一言添えて対応するはずです。

しかし、「忙しい」という返信だけでそっけなく断られるなら、断り文句として使っているということです。

あたなに好意があり、本当に今忙しくてハッキリした返事が出せないのであれば、一日も待てばハッキリとした返答がくるでしょう。

ヘラリオンヘラリオン

まる一日以上ずっと忙しい人間なんていませんからね。

しかし、待てども待てどもデートの誘いに関する返事がなかった場合は、上記の『曖昧な返事で話が進まない』と同様、うやむやにしてやり過ごそうと考えています。

解りやすく翻訳するなら

『アナタとデートする気はありません』

脈ナシの返信で断られた場合は、一旦は引くこと

これらのケースにあてはまる場合は、一旦引くことが、唯一の正解となります。

アナタとデートすること=嫌なこと

と考えるとわかりやすいでしょう。

もしアナタが、何かしら他人から嫌なことをされたら、どうなるのが一番いいですか?

その嫌なことをやめてくれること、ではないでしょうか?

嫌なことから解放されるのが一番、心が平穏になるのです。

脈ナシで断られた場合は、何があろうと一旦、引きましょう。

大事なことなので、もう一度言います。

脈ナシで断られた場合は、何があろうと一旦は引きましょう!

何もその女性から全面的に引くわけではありません。

今回のデートの誘いから引くだけの話です。

というか、現段階で脈ナシなのがわかったので、することが明確になって良かった良かった、くらいの認識でいましょう。

男がやってしまいがちな失敗対応

意を決してデートの誘いをしたのです。それを断られたら誰しもが落ち込むことでしょう。

そんな時、以下の行動に出てしまいたくなるのが男性心理です。

がしかし、これらの行動は、もれなく女性からの好感度を下げてしまう悪手になりますので、絶対にしないように心掛けましょう。

逆を言えば、これらマイナス行動はかなり多くの男性がやってしまいがちなので、これらをやらないだけで周りの男との対比で好感度が上がったりもします。

いかにして点数を稼ぐか、という思考ではなく、

いかにして失点を減らすか、という思考が大事です。

マイナス行動をしないで接点を取り続ける、これが好感度を上げる最重要項目です。

それでは、そのやってはいけない失敗対応を、以下で解説していきます。

断った理由をしつこく聞く

・仕事が忙しくて

・友達から誘われていて

どんな理由にせよ、断られた理由をしつこく聞くのはNGです。

脈アリだった場合は、本当に予定があって無理なのです。

それをしつこく問い詰めたりすると、自分はアナタを疑っています、と言っているようなもの。

せっかく高かった好感度を、自ら下げてしまう愚行です。

脈なしだった場合は、断った理由がウソである可能性がありますが、その理由を問い詰めることに意味はありません。なぜなら、断った理由がウソだと認めさせたところで、だったらデートする、にはならないからです。

アナタからの誘いを断るためについたウソなのです。諦めさせるためについたウソなのです。

デートをする気はこれっぽっちもありません。

なので、根本から変えて行かなければなりません。

その根本とは、アナタとだったらデートしてもいいな、と思えるような魅力的で価値のある男になる、です。

脈なしなのに何度も誘う

アナタも人生のどこかで経験されていると思います。

興味のない人からの、度重なる誘いを。

異性に限った話ではありません。

全く興味のないクラスメイト、親戚のおじさん、職場の上司などから、しつこく何度も誘われたこと、ありませんか?

男性男性

ああ、思えばめっちゃあるなぁ

めちゃくちゃ鬱陶しいですよね。

だって行きたくなんですもん。

行くことに一切価値を感じれていないんですもの。

そんなものに何度も何度も誘われると、どうなりますか?

男性男性

どんどん余計に嫌いになっちゃう…

相手が断っている以上、その会に魅力を感じていない、ということなのです。

考え方としては、どう言えば応じるか、どう誘えば応じるか、ではないのです。

誘うまでの段階で、すでに勝負は決まっているといっても過言ではありません。

アナタの魅力、価値、を上げることです。

メンヘラになる

これを読んでるアナタは大丈夫だとは思いますが、一応載せておきます。

ヘラリオンヘラリオン

まさに過去の俺がこれで、本当にやっちまってたなあ、と思います。こうはならないようにしましょう!

メンヘラになる、とは広い言葉ですが、とにかくマイナス思考になり、被害者意識になり、そのマイナスの感情を他人にぶつける、と表現すれば適切でしょうか。

私の場合は、断られた女性に、後日ネチネチと、

ヘラリオンヘラリオン

・だってアナタ断ってばっかじゃん
・どうせ俺がなにをしたって断るんでしょ?
・あれ?こないだ友達と出かける言ってなかったっけ?おかしくない?
などと当たっていました。

相手の女性の友達には、断られたことをネチネチと愚痴りまくり、

ヘラリオンヘラリオン

・どうせ俺がブサイクだからでしょ?
・どうせ俺なんかが誘ったって迷惑でしかないよね
・俺も高身長・イケメンに生まれたかったわ
・なんでアイツとは出かけるくせに、俺とは行かないの?
・人類ほんと不平等だよなあ
などと女々しいことを吐き出していました。

これらは本当にやってはいけません。

好感度を徹底的に地の底まで落としてしまう愚行中の愚行です。

相手の女性は何一つ悪いことはしていないのです。

別に高身長・イケメンでなければモテないわけではありません!

私は今、身長165cmで体重は70kg、顔も悪く、ハッキリ言ってかなり外見のポテンシャル低いです。

それでも抱く女性には困っていません。

大事なのは、マインドと清潔感とトーク力なのです。

メンヘラ気質の方は、ぜひ心に留めておいて下さい。

そもそもLINEのメッセージでデートに誘わない

ここまで、LINEでデートに誘った場合の返信にフォーカスして話を進めてきましたが、そもそもLINE等のメッセージのやりとり上でデートに誘うのは、あまり良い手とは言えません。

その理由を以下で解説していきます。

デートは肉声で誘うのが基本

誘い上手な人ほど、デートの誘いは直接行います。

それはなぜかというと、断られる可能性が低いからです。

直接会っている時>通話>LINE

という順で、成功率は上がります。

なぜ断られる可能性が低いかというと、

・直接断るのは勇気がいる

・断る理由を考える時間がない

からです。LINEで誘った場合、直接の会話とは違い、メッセージを考える時間が山ほどあります。

それだけ相手に考える時間を与えてしまっているのです。

これはなにも男女のデートの誘いに限った話ではありません。

大事な商談の話は、LINEなどのメッセージではなく、直接会って行いますよね?

営業マンはなぜお客様のもとへ出向き商談するのか、と考えるとわかりやすいかもしれません。

女性女性

なんでLINEで告白なんだよ?直接告れや!

こんなことをどこかで聞いたことはありませんか?

大事なことになればなるほど、直接伝えた方が良いのです。

さらに、人間というのは言いづらいことになればなるほど、直接言うのではなく、文字にして伝えようとするものなのです。直接伝えるのは気まずいですからね。

女性はそういうところも見ています。

女性女性

あ、この人は直接言う勇気がなくてLINEで伝えてきたんだな。男らしくないわぁ。

こう思われてしまう可能性があります。

・相手が断りやすい環境にしない

・男らしくないと思われない

以上の理由から、デートの誘いはLINEより通話、通話より直接、行うのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どれだけ優れた男性でも、女性からデートの誘いを断られることはあります。

生涯打率10割なんて男性は絶対に存在しません。

女性というのは、我々男性よりも遥かに自己防衛本能が強い生き物です。

デートに対するハードルは、我々男性よりも遥かに高いのです。

なので、そんな女性側に立ってあげて、女性の気持ちに寄り添うことが出来る男性ほど、デートに繋がることとなります。

誘いを断られたら試合終了ではありません。

断られてからが勝負です。

デートを断られた際のポイント

①断られたからといって諦めない

②脈アリな断られ方なのか脈ナシな断られ方なのかを見抜く

③脈ナシな断られ方だった場合は一旦身を引く

④やってはいけない失敗対応を絶対にしない

⑤自身の男としての魅力を磨きつつチャンスを伺う

⑥デートの誘いは出来れば直接