~女性に断られない男の作り方~

いつも女性からデートに誘われる男と

何度誘ってもスルーされる男の違いとは?

 

男性男性

女性と男女関係になる気がしない、デートの誘いが決まらずいつの間にかLINEの返信がなくなる。

このように、恋愛でうまくいかないと思ったことはありませんか?

上手くいかないだけならまだしも、原因が分からないと同じ事を繰り返してしまいますし、何度もうまくいかないと男として否定されているような気持ちになりますよね。

女性は本能で男性を格付けしています。

なぜ恋愛がうまくいかないのか。結論からお伝えすると、女性が男性を格下だと思っているのが原因です。

もちろん意識的にそう思っているわけではありませんが、デート中や普段の男性とのコミュニケーションから、無意識に判断しているということです。本能で格付けしていると言ってもいいかもしれません。

そして女性が格下と認識した場合、その男性と恋愛関係に発展することはないという事です。

にわかには信じられないかもしれませんが、これは男性にも備わっている本能です。例えば女性を見た瞬間に「かわいい」とか「タイプだ」とか思うとうまく話せなくった経験はありませんか?

これは、本能が目の前の女性を異性として認識し、他の女性と比べて格上の女性だと認識している状態の時に起こる事です。

女性が言う「優しい人が好き」は嘘?

そういった女性に好きな男性のタイプを聞くと、ほとんどが「誠実な人が好き」とか「優しい人が好き」と言った回答をします。一度は聞いたことがあると思います。

それを聞くと、「女性に嫌われたくない」という感情から紳士に、誠実にふるまいがちです。しかしそんな時に限って女性と距離が縮まる感じがしない。こうなると

男性男性

優しい人が好きって嘘なのか?

と思ってしまいますが、これは女性に価値を置いてコミュニケーションを取っているのを女性がキャッチし、自分より格下の男性だと判定しているという事です。

つまり女性は、優しい人が好きなのではなく、各上の男性に優しく扱われたい。ということなのです。

大事なのは格上の男だと認識されること。

じゃぁどうすれば格上の男だと認識されるのか。というのがキモなのですが、男性と女性では異性として魅力を感じる要素が違います。

男性は女性に対して容姿や雰囲気に魅力を感じますが、女性は男性を会話やコミュニケーションから男性の魅力を図っているのです。

その会話において望む関係性を構築するために大事なことが二つあるのですが、本マニュアルではそれを詳細に解説しています。

女性に断られない男の作り方:内容紹介

第1章:土台構築編

「女性の心に入り込む技術」

知り合った女性と恋愛関係に発展させるために、まずは女性と心の距離を縮めなければいけないのですが、この章ではその詳細の方法をお伝えしています。

ここでお伝えしていることを実践すれば女性からこのようなLINE届くようになります。

例え初対面でもすべき会話をこなせば女性がこちらに心を開き、楽しそうにしてくるという事を学んでください。

以下より本コンテンツでどのような事を学べるか、大まかな内容をお伝えします。

■女性に格上の男性だと認識される2ステップ

デート中に関係構築するために考えることは2つだけです。その2つを意識するだけで、余計なことを考えずに目の前の女性との会話だけに集中できます。

■会話の序盤で盛り上げるべき話題

初対面だとしても、とてもそんな風には見えない会話を楽しんでいるカップルがいますが、その盛り上がりの前に意識、無意識に関わらず必ずしている会話があります。その盛り上がりの種となる話題をお伝えします。

■会話で女性が嫌う4大減点項目

もしあなたの会話能力がどんなに高かったとしても、ここで女性にNGをくらうと会話すらままならないということが起こります。その仕組みと要素を理解し、万全の態勢で会話に臨んでください。

■女性の懐に入り込む鉄板ステップ

例えば女性の恋愛話など、自分が聞きたいことをすんなり女性から引き出すことが出来れば会話をリードしていけると思いませんか?そのために必要な考え方と具体的な方法をお伝えします。

■自分話を行うタイミングと必要性

女性との心の距離を近づけるためにはまず自分の話をしなければいけません。それを「どのタイミングで」「なんのために」行うかを理解し、女性に無駄話だと思われない自己開示を身に着けてください。ちなみに僕はこの自己開示をワンパターンで行っています。

■女性が思わず共感してしまう話題とは

「趣味の話で盛り上がったんですけど結局LINEが途切れてしまいました」と言ったご相談をよくいただきますが、これは求められていない会話を展開した時によく起こります。では求められてる会話はなにか?というのをお伝えします。

■実例:21歳女子大生との会話事例

いざ若い女性と出会った時にどういった会話を展開すればいいのか。ということがよくあると思いますが、僕の実際の例を紹介しながら展開すべき会話をお伝えします。

■実例:26歳ナースとの会話事例

僕はナースをゲットするのが得意なのですが、そういったナースと実際にしている会話の実例を紹介します。ナースのゲット願望が強い場合はそのまま使ってください笑。もちろん考え方はどんな職種にも応用可能です。

■心理的な距離を縮めるための必須テクニック

目の前の女性と一気に距離が縮まったと感じる瞬間があると思いますが、その時にしている会話がどういったものなのか、実例を交えながら紹介します。この会話が出来ればまさに土台が構築できたと思ってもらって大丈夫です。

 

第2章:会話実践編

「恋愛戦闘力を錯覚させるための技術」

女性と心の距離を縮めた後に必要な事は、こちらを異性として意識されるコミュニケーションを取っていくことです。つまりどれだけ自分を「魅力的な男性」だとアピールするかという事です。

ここが本マニュアルのキモとなるのですが、このコミュニケーションを身に着けると以下のLINEのように女性からデートの誘いが頻繁に届くようになり、いわゆるモテキに入り始めます。

■恋愛戦闘力数値が錯覚した状態で起こること

恋愛においての魅力を僕は「恋愛戦闘力」と呼んでるのですが、それは男女それぞれが相手に対してのイメージで作られるものなので、偽装し、錯覚させることが可能です。「なんであいつがモテるの?」と周りの男性に対して思ったことがあると思いますが、これは恋愛戦闘力を錯覚させるのが上手だからです。そのカラクリをお伝えします。

■恋愛戦闘力の見抜き方

恋愛戦闘力を偽装し、錯覚させるためには女性自身が自分に対して認識している恋愛戦闘力を見抜かなければいけません。その見抜き方のイメージをお伝えします。といってもこれは普段から本能的に行われていて、女性が男性に対して無意識化で判断していることです。

■オーラのつくり方

よく「あの人オーラある」と言われたりすることがありますが、このオーラの正体、構成要素をお伝えします。実際に意識してふるまえば女性からオーラがある人と認識されはじめるでしょう。

■恋愛戦闘力を感じる4大要素

この恋愛戦闘力は女性と男性で見るポイントが違います。男性のほとんどは女性の容姿や雰囲気に恋愛戦闘力を感じますが、じゃぁ女性は?というのをお伝えします。ここでお伝えすることを完璧にこなすことが出来れば、初回デートの成功率がまるで違ってきます。

■切り返しをする際の優先順位

女性の発言に対してどんな発言を返せばいいか迷ったことはありませんか?女性は、自身の発言に対する男性のリアクション、いわゆる切り返しをよく観察しています。そしてその切り返しから立場を明確にしていきます。女性が男性を格上に見てしまう切り返しを3つの優先順位に分けてお伝えします。

■女性が男性を格上と思う瞬間

会話中にはいくつものターニングポイントがあります。上記で紹介した切り返しはその一つですが、女性が男性を格上だと認識する瞬間の4大ポイントを紹介します。

■女性が「嬉しくない」褒め方

会話中に女性を褒めるというのは有効なアプローチですが、多くの男性はさほど女性が嬉しくないポイントを褒めていることが多いです。会話中、女性のどの部分を褒めればいいのか、どのように褒めればこちらを格上と認識していくのか。そのコツをお伝えします。

■格上だと認識した男性に出すサイン

こちらを格上だと認識し始めると、会話中に女性からアプローチしてくるということが起こります。それを僕は女性からのサインと呼んでいるのですが、そのサインが出るとその後はスピードに乗っている自転車のようにスイスイと男女の関係が進みます。そのサインを具体的にお伝えします。

 

100名限定で無料配布しています。

こちらのマニュアルはnoteやtipsなどのオンラインストアで有料販売しているものなのですが、このページをご覧で先着100名様に限り無料で配布しております。100名に到達次第、こちらのページは閉鎖となりますので興味があれば以下のフォームよりご請求いただければと思います。

無料請求はこちらから

本マニュアル制作者

ハンドルネーム:婚活番長。

30歳を過ぎるまで「いい人」「真面目」と言ったいわゆる草食系男子とみられがちで、女性とは無縁の生活を送る。しかし将来孤独のまま人生を終えることに恐怖を感じ、恋愛活動を開始。そこからマッチングアプリを使って4年で200人以上の女性と出会い、人生初のモテキを体験。

イケメンや金持ち、オラオラしているなど女性からモテるとされている男性じゃなくても恋愛関係に発展させるコミュニケーション方法を確立し、その体験をもとに「誰でもゼロからのスタートでモテキを作る」というコンセプトでメルマガを使った情報発信を開始。

1000人以上が本マニュアルを手にし「再現性が高い」と評判で、そこから多くの男性がゼロからモテキを作り出している。