マッチングアプリで会う前に電話は必要?メリットデメリットと注意点
男性男性

ペアーズとかマッチングアプリで、会う前に電話ってした方がいいんですかね?

ヘラリオンヘラリオン

俺はだいたい会う前に電話はするけど、どうしたの?なんかあったの?

男性男性

僕は電話が苦手なんで、基本は電話しないで会うんですけど、
初対面だからか全然盛り上がらなくて次回に繋がらなくて…。
電話しといた方がいいのかなあって…。

ヘラリオンヘラリオン

あるあるだね!
確かに電話ってのは沈黙が重いし、
上手く喋れなかったらどうしよう、とか不安になるよね。
喋れども喋れども潮対応されたら…とか考えちゃうし。

男性男性

潮って字が違ってますよ?(笑)

ヘラリオンヘラリオン

ああ、ごめんごめん(笑)
じゃあこれから、電話することで塩対応になる理由と、
潮対応になる理由を説明してくよ!

男性男性

潮吹くほど良い対応になる、って造語ですか?(笑)
オヤジギャ…上手いこと言いましたね!(笑)

マッチングアプリで電話は必要?メリットデメリット

ヘラリオンヘラリオン

結論から言うと会う前の電話は必要!
デメリットもあるけど、それを補って余りあるほどのメリットがあるよ!

男性男性

そうなんですね!そんなにメリットの方が大きいんですか?

ヘラリオンヘラリオン

大きいね、圧倒的に!
じゃあ電話をかけたくなるようなメリットをこれから説明していくよ!

男性男性

(ホントにそんなメリットあるのかな?)宜しくお願いします!

会う前に電話をするメリット

■心理的な距離が縮まる

『百聞は一見に如かず』

ということわざがありますよね。

ヘラリオンヘラリオン

100回聞くより1回見た方がわかりやすい、という意味ですね。

マッチングアプリにおける電話というのは、これと同じです。

100回メッセージのやりとりするより1回電話した方が

相手の具体的な人物像が伝わります。それにより心理的距離が縮まるのです。

・メッセージしたことがある

・電話をしたことがある

・会ったことがある

・身体に触れたことがある

このような既成事実があればあるほど、心理的距離は縮まります。

『電話をしたことがある』という既成事実があるのとないのとでは、心理的距離がまるで違うのです。

ヘラリオンヘラリオン

決して長い時間、電話で会話を盛り上げようと気負わなくて大丈夫!
まずは『電話したことがある』という既成事実を作ることが大事です!

■脈なし、脈ありが分かりやすい

声や喋り方というのは、恋愛においてかなり大事な要素になります。

女性女性

イメージしてた声と全然違うし、喋り方もなんか合わない。

そう女性に判断されてしまったら、メッセージ量が次第に減っていき、返信スピードも遅くなり、遂には返事がこなくなり、脈なしだったと判断できます。

逆に電話をした後も、これまでと同等かそれ以上のメッセージ量になり、返信スピードが速くなったりしたら脈ありだと判断できます。

電話中の相手のテンションでも推し量ることが出来ます。

無理やり時間を繋いだのではなく、女性からの会話で盛り上がり、気付けば初電話なのに1時間も話してしまった!なんてことになれば、かなり脈ありだと判断できるでしょう。

■会話が苦手でも大丈夫

電話での会話の場合、直接の会話とは違い、話す内容などを事前にメモして、それを見ながら会話する、ということが可能です。

直接女性と話すと何を話せばいいかわからない、という会話が苦手な方でも、電話でメモも見ながら話すことで、女性との会話のトレーニングをすることが可能です。

ヘラリオンヘラリオン

電話だったら、直接会っている時と違って、切りたい時にいつでも切ることができるから、メモした会話ネタを話し終えたら切っちゃえばいいんだし!

電話で女性との会話に慣れる、その女性に慣れる、という方法は非常にオススメです。

さらに、電話をすることで、

・電話をしたことで、お互いの心理的距離は縮まっている

・電話をした上で『この人に会ってみたい(脈あり)』とお互いが思っている

以上の理由から、実際に会った時にお互いが積極的に会話をしようというマインドが出来上がっています。

すでに『電話をしたことがある』という既成事実があるので、『電話をしたことがある人』と会うことになり、初対面なのに『初めて会ったような気がしない』とお互いが錯覚します。

これにより、会った時に必要以上に緊張しなくなり、会話が苦手な人でも、電話をしなかった時に比べて遥かに話しやすくなります。

■『好き』という感情まで持っていけることも

これだけ心理的距離が縮まる電話ですから、もし会話が盛り上がって、電話の回数が増えれば、どんどん相手への良いイメージが先行し、まだ会ってもいないのに好きになってしまう女性も一定数います。

女性女性

今日、女友達の家に泊まってもいい?怒らない?

ヘラリオンヘラリオン

(まだ付き合ってもないのに…つか会ってもないじゃん)どうぞどうぞご自由に!

なんてこともありました(笑)

メッセージのやりとりだけでは、ここまでの感情に持っていくことは至難の業です。それほどに電話というのは心理的距離が縮まるのです。

■時間やお金を無駄にしない

声や喋り方で、そもそも生理的に無理だった(脈なしだった)という場合は、そもそも電話をせずに会っていたとしても、上手くいくことはありません。

電話をすることで、そもそも脈なしだったというのが会う前から判断できるので、それだけ時間やお金を無駄にしなくて済みます。

ヘラリオンヘラリオン

デート代も馬鹿にならないからね。

生理的に無理というのは、男女共にもうどうしようもありません。

それが早く判断できるので、電話しておくのはオススメです。

電話をするデメリット

ではこれから、デメリットもご紹介していきます。

メリットの大きさが目立ちますが、デメリットもあるので、しっかりと覚えておいて下さい。

■結果的に電話をしなければ会えていた女性もいる

電話というのは実際に会っている時とは違い、常にどちらかが喋っていないといけない空気感があります。

その空気感から、沈黙が怖くなり、取って付けたようなつまらない会話をしてしまう可能性があります。

そういった会話をすることで、女性からの好感度が下がり、この人はないな、と思われてしまう可能性もあります。

電話でミスを連発しなければ、会えていた可能性もあります。

電話というのは、お互いの距離を縮める有効な手段であることに変わりありませんが、それは通話中にミスしなければ、というのが前提になります!

電話が苦手でミスしそうだな、という人は、あらかじめ電話をする時間を短く決め、相手に伝えておくのも良いでしょう。

ヘラリオンヘラリオン

10分だけ電話しよ!

それで10分を自然に過ぎたら

ヘラリオンヘラリオン

あれ、もう10分も経ってたんだ!

となり、相性の良さを伺わせることも可能です。

■電話に応じない女性も一定数いる

もともと電話が好きではない、女子同士でも電話はしない、という女性も一定数います。

『LINE交換は会ってから』

とプロフに書いている女性もいます。

そういった女性の場合、こちらがいくら電話を望んでも応じないでしょう。

メリットが山ほどある電話、それ自体をはなから受け付けていない女性がいる、というのがデメリットです。

【注意】電話をするタイミングと誘い方

男性男性

なるほど、これだけのメリットがあるんだったら、電話しない手はないですね!ちょっと今すぐ電話してみます!

ヘラリオンヘラリオン

ちょっと待ちなさいよ!いくら電話が有効だったとしても、電話するタイミングだったり、誘い方ってもんがあるでしょ~が!電話したことない人がいきなり電話かけたら向こうが引いちゃうって!

男性男性

す、すみません…浅はかでした。

ヘラリオンヘラリオン

なんの脈絡もなく急に「電話していい?」とかLINEしても、断られる可能性大だからね?

さて、ここまでで、マッチングアプリで会う前に電話をする有効性は伝わったと思いますが、いざ電話をするにしても、誘い方やタイミングが悪いと好感度が下がり、電話が出来ないどころかLINEも返ってこなくなり、完全に終わってしまう可能性があります。

以下では、電話をする良いタイミング、誘い方をご説明していきます。

電話をするタイミング

今まで電話を一度もしたことがない間柄の人に電話をする場合、タイミングは重要です。

不自然なタイミングだと怪しまれてしまいますし、相手の生活リズムを完全に無視した時間帯にかけるなどは論外です。時間帯は平日であれば21~23時あたりが無難ではないでしょうか。

ヘラリオンヘラリオン

それでは見ていきましょう!

■デートの約束が決まってから

マッチングアプリでデートの約束→LINE→通話

という流れは、不自然さが全くないのでオススメです。

デートに応じるくらい好感度は高まっている状態なので、電話にも応じてくれやすくなります。

デートが決まった段階での電話というのは、デートに応じているくらい好感度が高まっているので、よほど人知を超えたヘマを侵さない限り、デートが流れてしまうことはありません。

それでもデートが流れてしまった場合、そもそも声や喋り方がよほど合わなかった、そもそも生理的に無理だった、ということになりますので、会っていても上手くいくことはなかったハズです。

こればかりはどうしようもないので、気にせず次に行きましょう!

■メッセージで盛り上がったタイミング

マッチングアプリ→LINE→通話→デートの約束

こちらも自然な流れなのでオススメです。

メッセージで盛り上がった時というのは、電話をする絶好のタイミングです。

同性の友達同士でも、めちゃくちゃLINEで盛り上がっている時に電話かかってくる、なんてことありますよね?

特に女性は、我々男性よりも遥かに、その時々の自分の感情を大切にします。

女性が喜怒哀楽の『喜』『楽』という感情が高まっている時というのは、あらゆるオファーが最も通りやすいタイミングです。

メッセージで盛り上がれば、そのまま電話に繋がりやすく、その流れで電話をすれば電話でも盛り上がりやすく、電話で盛り上がればデートの誘いにも応じやすくなります。

ヘラリオンヘラリオン

ちなみに私は、メッセージで盛り上がったタイミングで電話のオファーをし、電話でも盛り上がった結果、相手の女性の喜怒哀楽の感情が昂った時は毎回のように電話がかかってくるようになり、初めて会ったその日からセフレ関係に発展したこともあります!それほどまでに電話というのはお互いの関係性を親密にさせられるのです。電話をしてなかったら、セフレ関係になんてなっていなかったでしょう。

その時の体験談が書かれている記事がありますので、そちらもご紹介しておきます。

電話をしていたらセフレが出来てしまった記事

ペアーズでセフレを作れる?実体験からコツと方法を詳細に解説

ヘラリオンヘラリオン

このような展開まで実際にありますので、女性の喜怒哀楽には常にアンテナを張っておきましょう!

電話の誘い方

マッチングアプリは、マッチングした人同士でお互いメッセージのやりとりをする場です。

メッセージでやりとりができるので、特に電話をする必要がありません。

特に電話をする必要がないので、ただただ「電話しよう」と誘っても「なんで?」となってしまいます。

なので、何かしら電話をすることの理由付けが必要です。

そもそも電話の悪い誘い方というのは、えてして「なんで?」と相手に思われてしまっている誘い方になっています。

異性に限らず私生活で、普段電話などしない人から突然、電話しようと言われたら

ヘラリオンヘラリオン

え、なになに、こえーんだけど!

となりますよね。

ヘラリオンヘラリオン

職場からいきなり電話かかってきた時なんか、恐怖でしかないですよね(笑)

ですが、普段から電話をする間柄の人からの着信だったり、今度聞きたいことがあるんだよね、と言っていた人からの着信だったりすると、抵抗なく出ますよね。

それと同じで、相手が出る理由が盛り込まれていれば問題ありません。

デートのアポが決まってから

「緊張するから会う前に10分程度電話しておかない」

「前会った人が勧誘目的だったから電話しておきたい」

メッセージで盛り上がったタイミングで

「ちょっとそれ詳しく聞きたいから電話しようよ」

「まじウケるんだけど!それ面白すぎるからちょっと電話していい?」

など。何かしら不自然すぎない理由をつけるのが大事です。

電話に断られたらどうする?

ここでは、電話を断られた時に、どう対応していけば良いかを解説していきます。

電話を断る理由によって、その後の展開が変わってきます。

断られた後の対応次第で、白くも黒くもなりますので、注意が必要です。

ヘラリオンヘラリオン

まずは断られる理由から見ていきましょう!

■電話に断られる理由

①会うまでLINE交換はしないと決めている

そもそも最初から電話などする気がないケースです。プロフに書いてある女性もいますね。固い女性が多い印象です。

②電話が苦手、緊張する

そもそも電話することを快く思っていないケースです。男性慣れしていない女性、コミュニケーション能力が低い女性によく見られます。

③タイミングが合わない

忙しかったり電車に乗っていたり、時間的に無理というケースです。

④まだ電話は早いと思われている

電話をするほど距離が縮まってない、と女性に判断されているケースです。

■無理強いをしない

どのケースにしても、もし電話を断られたら、必ず引くようにしましょう。

いいじゃんいいじゃん!と押したとしても、相手からの好感度を下げてしまうだけで、

女性女性

なんなんコイツ?!無理だって言ってんじゃん!自己中な男だわ。

電話どころか最悪、会えなくなる可能性があります。

ヘラリオンヘラリオン

目的は電話をすることではありません。電話というのはお互いの距離を縮めるための手段でしかありません。あまり電話することに固執せず、臨機応変にいきましょう!

①②の場合は、そもそも会う前に電話をすることは困難になります。一度、電話のオファーをかけてダメだったら、メッセージ内でアポまで完結するように試みましょう。

③④の場合のみ、その後電話をするチャンスがあります。メッセージのやりとりをしつつ、タイミングをうかがいましょう。

■女性に慣れるまで、電話に応じる人とだけ会うのもあり

電話が苦手で応じないという女性は、そもそも人見知りで会話が苦手な性格である可能性が高いです。

女性に慣れていない人は、こういった女性と会ってもなかなか女性を楽しませることは出来ないでしょう。

電話に応じる女性であれば、応じない女性よりもコミュニケーション能力が高いと思われるので、そういう女性とだけ会って、女性との会話に慣れるというものアリでしょう。

ヘラリオンヘラリオン

コミュ症女子とのデートって、マジでしんどいからね!(笑)

成功体験を積み重ねて、自信をつけていきましょう!

まとめ

電話というのは、メッセージのやりとりよりも遥かにお互いの心理的距離は縮まります。

会話が苦手な人でも、会話ネタを事前にメモすることで、電話で会話に慣れることが可能です。

デメリットもありますが、メリットの方が遥かに大きいのです。

そんな、しない手はない電話ですが、タイミングや誘い方を間違えると爆死します。

電話に応じない女性も一定数います。

電話というのは自身の目的(付き合ったりエッチしたり)を叶えるための手段でしかありません。

会う前に電話をした方がいいのは明らかですが、電話することに固執せず、女性が電話をしたがらなければ無理にしようとしなくてOKです。

まとめ

・マッチングアプリで会う前の電話は非常に有効

・誘い方やタイミングには気をつける

・断られたら素直に引く

・無理に長電話はしない

・電話したことがあるという既成事実を作ることが大事