可愛い!コンビニ店員と連絡先・LINEを交換するための4ステップ
男性男性

「あのコンビニ店員さん、可愛いなあ」

そんなことを思ったことありませんか?

ありますよね?

そんな店員さんがいたら、ぜひお近づきになりたいですよね!?

僕はなりたいです!笑

そこで、この記事ではコンビニ店員さんと連絡先を交換するための具体的な4ステップを紹介していきます!

それが、

連絡先を交換するための4ステップ

1.まずは接点をとる
2.挨拶をする
3.会話を盛り上げる
4.連絡先を渡す

この4ステップですね

ここあここあ

順番に見ていきましょう!

コンビニ店員は定期的な接点が取りやすい

あなたが気になっている店員さんがいるコンビニはどこにあるでしょうか?

職場の近く?

自宅の近く?

そうであれば、通って定期的に接点を取るのは簡単です

通いやすい場所にコンビニがあるのであれば、通ってしまえば良いんです

そうすることで、店員さんも

女性女性

「いつも来るお客さんだ」

という風に覚えてくれます。

多少遠かったとしても、店員さんであれば、そのお店にいることが多いわけなので、接点を取るのはそう難しくはないはずです。

ここあここあ

まずは、通って存在を認知してもらいましょう。

まずは挨拶から

まずは通って、普通に挨拶をするところから始めましょう

レジで会計する時に、

「こんにちは」だったり

商品を渡してもらうときに

「ありがとう」だったり、

そういった何気ない日常の会話からまずはやってみましょう。

コンビニ店員との鉄板話題とNG話題

挨拶ができるようになったら、そこからもう少し話題を広げていきたいわけですが、こういうときに鉄板の話題があるので、それをご紹介していきます。

ぜひ、こういうった話題から距離を詰めていきましょう。

天気の話

まぁ、ありきたりといえばありきたりなんですが、天気の話は気軽に話せるので、おすすめの話題です

「暑いですね」とか

「雨が多くて嫌ですね」とか

「台風大丈夫でした?」とか

ここあここあ

いろいろバリエーションは作れるので、非常に使いやすい話題ですね

商品の話

コンビニの店員さんなので、売ってる商品のことを話題にすると、女性も乗って来やすいです。

「この商品、好きでいつも買っちゃうんですよね。食べたことあります?」とか

「このお菓子ってよく売れてるんですか?」とか

混む時間帯の話

仕事が忙しい時間帯の話も、店員さんが乗って来やすい話題です。

「お昼休みの時間はお客さん多いんですかね?」みたいな質問を投げてみましょう。

「そうなんですよ、お昼時は本当に大変で・・・」みたいな感じで、そこから話しが盛り上がりやすいです。

で話が盛り上がったら、いよいよ連絡先の交換です。

ここあここあ

あと、「どういったお客さんが多いんですか?」みたいな話も店員さんが答えやすい質問になるので、おすすめです

プライベートの話はNG

いきなり

男性男性

「彼氏いるんですか?」

など突っ込んだ話題を振ってしまうのはNGです

まだコンビニで顔を合わせる程度の間がらで、そういういったことを聞かれても、女性側も困ってしまいます。

返答に困るようなプライベートな質問を繰り返していると、顔を合わせたくない客だと思われてしまい、店員さん側がシフトを変更してしまったり、最悪辞めてしまうようなケースもありますので、十分に気をつけてください。

そういったプライベートな質問は連絡先を交換して、十分に距離が近づいてからにしましょう。

会話に熱中しすぎて、仕事の邪魔をしないように

ただし、コンビニの店員さんと会話するとしても、彼女は仕事中です。

あまり会話に熱中しすぎて仕事のじゃまをしないように気をつけてください

ここあここあ

迷惑だと相手が感じてしまうと、連絡先を交換するのは非常に難しくなってきます。

コンビニ店員と会話が盛り上がったタイミングで、連絡先を渡す

連絡先の交換が成功するかどうかの鍵を握るのがこのテクニックです。

店員さんとしても、突然連絡先を渡されても、なんの話をして良いのかわからず話題に困ってしまいます。

コンビニに通っていて、日常的に会話をするような仲になっていれば、必ず会話が盛り上がるタイミングが来ます。

そのタイミングで、こちらの連絡先を渡すと良いのです。

つまり、会話が盛り上がって、店員さん側が「もっと話したい」と思っているタイミングで連絡先を渡すということですね。

この場合、あとで連絡をするにしても、既に盛り上がった話題があるわけなので、女性側も話題に困りません。

なので、連絡が来る確率も高くなります。

女性からの興味サインを見逃さない

女性側からこちらに質問がきたりしたら、女性側もこちらに興味を持っているサインです。

たとえば

女性女性

「お久しぶりですね。どこか行かれてたんですか?」

とかそういう質問ですね。

こういった質問が来たタイミングで連絡先を交換すると、その後も連絡が続く確率が非常に高くなります。

逃さずに連絡先を交換しましょう。

連絡先は聞くよりも渡す方が成功率は高い

コンビニ店員さんの連絡先をなんとか聞き出そうと考えている方もいるかもしれませんが、これは辞めておいた方が懸命です。

というのも、店員さん側も仕事中に連絡先を渡すのが難しいからです。

スマホを持ってないかもしれないですし、仕事を中断して、連絡先を紙に書くのもおかしいですよね。

(完全に仕事サボってることになってしまいますし)

つまり、自分が紙に連絡先を書いて渡す方が、相手の仕事を邪魔しないのでスマートです。

会話が盛り上がったタイミングで、レシートの裏などにササッと連絡先を書いて渡すといいでしょう。

ここあここあ

ちなみに僕は一時期、いつでも連絡先を渡せるように、つねに連絡先を書いた紙をポケットに忍ばせていました(笑)

連絡先はLINEがベター

連絡先は電話番号などより、いまならLINEの方が間違いなく良いです。

電話番号だと簡単に変えられないために、女性側もリスクを考えて連絡を躊躇するケースが多いです。

その点、LINEなら嫌ならブロックすればいいので、女性側も気軽に教えることができます。

コンビニ店員さんといきなり連絡先を交換するのは難しい

と、ここまで、コンビニ店員の連絡先を交換する方法を解説してきましたが、やっぱり、突然、連絡先交換するというのはなかなか難しいです。

まったく関係性のない状態から、いきなりスタートするわけなので。

だから、ちょっとずつ関係性を作っていく作戦をここでは紹介しています。

なかなか100%うまくいく方法はないです。

でも、チャレンジしない限り確率はゼロです。

ここで解説した方法であれば、成功確率を上げれますので、ぜひ挑戦してみてください!